Kabuku

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

banana

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

バナナ食べ頃過ぎてぐちゃぐちゃになったらさ 
生ゴミになるので 
早く食べなきゃなんて思ってはいたけどさ 
もう遅いみたいだ 
 
目まぐるしく回っている 
時計の針を眺めてた 
僕はいつでもダメダメさ 
ごめんね 
 
それでもまだ 
諦めたわけじゃないよ 
どんな見た目でもいいのさ 
重要なのは味だからさ 
まだまだ大丈夫

梅雨

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

半開きの車窓から水滴が

後頭部を湿らせてくるからさ。


夢見る様にはいかない、どうしたってざわざわしちゃうの。

雨が降る夜に揺れている大都市の明かりが滲む。


雨樋から溝へと伝う様に、エンドロールが流れる。

その前に。


ぐるぐる環状線から、あなたのこと探していました。

雨の降る街が色めいて、きっとどこまででも。


愛を歌う様に今、路地裏を抜けてあなたへと

雨が降る夜の思い出をあなたと分け合いたいから。

ドランク

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

ideal

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

夜中から朝にかけての白んでいく空と始発列車

寝付けないまま迎えた景色もちょっと愛しいとおもったんだ


晴れでも雨でもない土曜日に

干してるティーシャツがゆらゆら揺れてる

それを眺めていた

日常の隙間から


柔らかい風が運んだ

微睡の中で夢見る

まるでランタンの火の様に

染まる街を歩いている


昼でも夜でもない土曜日に

膨れたレジ袋がゆらゆら揺れてる

それを眺めながら

僕は歩き出した


柔らかい風が運んだ

綿毛を追いかける様に

僕らは笑いあえるかな

なんて思っていたのさ

pray

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

途方もない袋小路で

当てのない鬼ごっこ

遊ぼっか遊ぼっか起きるまで

遊ぼっか遊ぼっか気づくまで


暮れかけた新宿駅でひとりぼっち睨めっこ

遊ぼっか遊ぼっか起きるまで

遊ぼっか遊ぼっか気づくまで


「そして僕らいつの間にか

朝日を見た吸血鬼の様に

夢の中で灰に戻った」


通り抜けた地下通路で

そんなことを考えてたのさ

疲れ果てた夜の果て


途方もない袋小路で

ひとりぼっちかくれんぼ

遊ぼっか遊ぼっか起きるまで

遊ぼっか遊ぼっか気づくまで


「そして僕らいつの間にか

鏡を見たメデューサの様に

夢の中で灰に戻った」


小雨の降る信号待ち

気づかれない様にそっと

巫山戯た顔をしてみた。

レモンエロウ

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

何すべきか、そんなことさえも分からず息をしている。

冴えてない脳髄でもって右往左往してる。

気付いたら鬼も笑わない、そんな時分になっていた。

何時迄も不吉なその塊は無くならないけど。


不意に目に止まった、甘酸を秘めたレモンエロウ


たった一つのレモンを買って僕は、或る小説の真似をして歩き出す。

ふっと過ぎゆく無意識を研ぎ澄まし、モノクロに見えていた夙夜へと帰っていくのさ。

MoonLightFunk

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

気怠さを暖房の熱気が弄んでた。 

そしてまた青い鳥探してる。 

モッブシーン垂れ流していた下らないテレビと、 

剣呑な思考回路で遊ぶ。 

 

屹度駅のホームで歩いている無意識が夜を作る。 

 

月光が降る街で踊って。 

屹度僕らはずっと 

何も知らないよって顔して笑う。 

陽が昇ってくる頃にやっと気づいたことは、 

僕がひどいやつだってことだけだ。 

 

月が綺麗な夜だからさ、不貞たくもなるのさ。 

 

月光が降る街で踊って。 

屹度僕らはずっと 

何も見てないよって顔して笑う。 

陽が昇ってくる頃にやっと気づいたことは、 

僕がどうも悪いってそれだけだ。

まつりのあと

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

ぱっと咲いた花火が移ろう砌に、そっと吹いた風とともに夜を彷徨う。


忘れてしまわぬように。


僕は心寂ぶ帰り路で、一人佇み目を瞑った。

響く忘れ音浴びながら、夜を仰いだ祭りの後。


其れは片苦しにした、夏が見ていた夢。


僕は心寂ぶ帰り路で、一人佇み目を瞑った。

響く忘れ音浴びながら、いま夜空泳ぐの祭りの後。

六月

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

嗚呼気づけば俤なくした世界に

ぼんやり屹立していた日常だった。


雨傘忘れた時を思い出す。

びしょ濡れ、それでもなんだか楽しかった。


六月の空を歩く僕に

雨が降ってきた。

優々と揺れる

碧い紫陽花を見てた。


ああ気づけば感情なくした世界に

ぼんやり屹立していた日常だった。


眼鏡が曇って視界を遮る。

瞼を垂らしてそっと吹く風になった。


6月の空を歩く僕に

雨が降ってきた。

優々と揺れる

碧い紫陽花を見てた。


泣き出した空を歩く僕に

雨が降っている。

屹度どこかで

僕らまた出会う時を願って。

ろぼちっく

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

君と出会ったのは何時だったか、 

そんなことさえも忘れてる。 

感情は錆び付いてぐずぐずさ。 

ぎたんぎたんでもう見てらんない。 

 

僕はロボットさ 

 

ろぼろぼろぼちっく 

 

襤褸襤褸になっていくんです。 

 

はいかいを繰り返すんです。 

 

別に如何だって良いけど。 

 

左様なら。




ぞんびなよる

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

Urban,Suffocation

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

私は春

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

眠らぬ街は、

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

東口を抜けて、僕は波に漂う。 

大都市の路傍に凭れ、瞳を閉じた。 

 

眠らぬ街は、 

唯、 

泡沫を包んで、 

暈やけた秒針の様に、 

夜を彷徨う。 

 

湧き立つ感情に街は色めき出した。 

其れはパレードが過ぎゆく、ほんの一瞬。 

 

眠らぬ街は、 

今、 

泡沫の夢見て、 

始発が目を覚ます迄、 

朝を、 

昼を、 

夜を彷徨う。 

西新宿にて。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

百貨店前の通りをすり抜けていく。

宝くじ売り場はいつも縁起が良さそうな文言掲げている。

酔った言葉を並べる、それを飲み干して酩酊した。


「誰も目を合わせないのだ。」


電飾が私を晦ました街では、

曖昧な違和を残して誰もが通り過ぎる。


都庁の展望で見下ろした世界は、

曖昧な違和を隠してキラキラ瞬いている。